BOOK速報

速報                       

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011. 10. 08

「漫画の神様」も絶賛した無限大のオカルト想像力「孔子暗黒伝」「西遊妖猿伝」

1 :蚯蚓φ ★ 2011/10/08(土) 00:34:10.24 ID:???




「日本漫画の神様」とまで呼ばれる手塚治虫(1928~1989)はある後輩作家についてこのように話
したことがある。自分はその気になればどんな漫画家の絵も描くことができるが、とうていこの人
の絵だけは描けないと。その作家が諸星大二郎(1949~)だ。

諸星大二郎は漫画の素材が豊富な漫画王国・日本でも最も独特の話を描く作家に選ばれる。ギ
ャグからホラーまで、そしてオカルトの世界を行き来する彼の奇抜な発想は想像力一つで勝負す
る漫画家たちさえ不思議に思うほどだ。そしてデビュー40年の今も彼が現役作家として旺盛に活
動する原動力でもある。

諸星大二郎の漫画は文化産業界でたびたび言われる「ストロー論」の力を最もよく見せてくれる。
「ストロー論」は自国だけの特別なコンテンツがあまりなくても他人のコンテンツを持ってきて応用
すればいくらでも新しいコンテンツを作り出すことができるという創作論だ。ヨーロッパの童話をア
ニメ化して大金を儲けたディズニーが代表的で、今、世界映画市場を支配している米国ハリウッド
が最も愛用するやり方だ。

中国の象徴のパンダとカンフーを組み合わせて世界的にヒットした<カンフーパンダ>などはもはや
コンテンツには国籍がなく活用する人が持ち主ということをよく見せている。中国古典小説<三国
志>一つだけでも数十、数百編の変種漫画を作り出す日本漫画界も同じようにストロー戦略をよく
活用する。

諸星大二郎は最も積極的にあちこちにストローをさして素材を吸い込んだ後、自分なりに再創作
する漫画家だ。インドのヒンズー教の神話から中国の諸子百家まで、<西遊記>や<諸怪志異>のよ
うな古典小説と説話、そして日本の伝統民話を全て混ぜてなじんだ素材で仮想の視空間の中の
話を描く。

時には残忍でダブー視されそうな設定も強引に押し通し、想像を超えた話が繰り広げられる彼の
黙示録的で壮大な作品世界は<新世紀エヴァンゲリオン>の庵野秀明など後輩日本漫画家らに多
くの影響を及ぼした。

これまで韓国ではそれほど知られていなかった彼の作品が最近、韓国で集中的に紹介されてい
る。奇妙な想像の中の存在の話で‘現代版<山海経>’とまで評価された<私家版魚類図鑑>と<私
家版鳥類図鑑>、<諸星大二郎の珍しい話>などが紹介され、漫画マニアらの間で好評を博し関心
が高まるとすぐに彼の代表作が最近二つの出版社から別々に出された。

出版社ミューからは諸星大二郎の長編傑作選をシリーズで出すことにしてまず<孔子暗黒伝>と
<暗黒神話>二冊を出版した。<孔子暗黒伝>は真理を探して世界を周遊する孔子が偶然会って弟
子にした少年が老子に会って新しい縁を得て釈迦と古代インド神話の中の神々と連結されて繰り
広げられる神話のような話だ。儒仏仙三つの聖人が登場し舞台はインドから日本まで行き来して
呪術とオカルトの象徴が入り乱れる。<暗黒神話>は日本繩文時代の新石器説話をモチーブにし
た幻想SFマンガだ。

アニメブックスから出た<西遊妖猿伝>はこの漫画家が生涯作品として描いている大河叙事詩のよ
うな漫画だ。<西遊記>を素材にして孫悟空と三蔵法師などが主人公に出てくるが話は完全に異な
る創作物だ。巨大なスケールが圧倒的な漫画で、孫悟空が猿でなく卑しい運命を抱いて生まれた
人間に設定され、三蔵と共に民衆の苦痛の中で超自然的な現象を解決する冒険を描いた。

ク・ボンジュン記者
西遊妖猿伝

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 日本‘漫画の神’も絶賛した無限大のオカルト想像力
http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/499819.html



2 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:37:57.24 ID:cYtUclJ7



暗黒神話は秀逸。これを読んで尖り石博物館?に行った。



3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:38:35.96 ID:aNEFuU2c


おらもぱらいそさいくだ!(^o^)


4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:40:09.20 ID:IjFinqsj


諸星大二郎先生のいちファンとして、この記事には失望と怒りしか感じない


5 :Ta152 H-0 ◆Tank/Ja2RQ 2011/10/08(土) 00:41:46.62 ID:FuDhq7MY


おらもつれていってくだせ
おらもつれていってくだせ

でも、いいのか?
孔子暗黒伝に出てくる朝鮮って日本や東南アジアよりみすぼらしい田舎だぞw



6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:42:04.72 ID:jG52l6IT


永井豪と諸星大二郎は子供のときに読むと軽いトラウマになる。


21 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:53:04.31 ID:vMXFveML


>>6
デビルマンと
諸星デビュー作と妖怪ハンター読んで重度のトラウマになりましたが・・



26 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/10/08(土) 00:55:02.99 ID:QjqLliZR


>>6
日野日出志もなー



7 :ドラゴンランス ◆sWtt3TqIbU 2011/10/08(土) 00:43:46.34 ID:f3Tu1V5n


朝鮮には微塵も関係なかろうに


8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:44:11.06 ID:lXSs9K/e


諸星は好きだが何かスカッとしないんだよね。
まあそれが味なんだけど。



9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:45:17.48 ID:4YrXSbmN


> 諸星大二郎は漫画の素材が豊富な漫画王国・日本でも最も独特の話を描く作家に選ばれる。ギ
> ャグからホラーまで、そしてオカルトの世界を行き来する彼の奇抜な発想は想像力一つで勝負す
オカルトは知らないけれど、ギャグとホラーは紙一重らしいし、珍しいことではない気がする。



12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:48:20.90 ID:3GQWYiMS


諸星大二郎のジグソーパズルのように、フィクションとノンフィクションを
組み合わせていく漫画は面白い。



14 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:49:43.44 ID:/qNNGAF6


朝鮮ストロー説をさり気なく
すり替えようと韓国人は頭を搾っているのか、ただ馬鹿なのかは判らないが
韓国に気をつけましょう



15 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:49:47.40 ID:h7DpD6b3


諸星大二郎さんがどうというのは置いといて。
手塚治虫さんは本当に嫉妬を覚えた相手は褒めない人だと思うよ。
誰でも経験のある感情だと思うし、手塚さんは特にそれを隠そうとしなかった人だし。



59 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:07:45.03 ID:7QFh8l4l


>>15
手塚が褒めてるかどうかはわからんが画風が独特すぎて誰も真似ができないってのは事実だな
アシも付けられんのではないだろうか




240 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 09:03:37.17 ID:erYRvtVo


>>15
荒木はベタ褒めされたけどな



16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:49:51.92 ID:EK1Z7wbR


諸星先生の高尚な初期短編などあいつらに理解できるの?
日本人だけのものでいい
触れてくれるな
ほっといてよ
それくらいの宝だよ諸星作品は



20 :東亜で最も最小最弱 ◆v22nzdoeQU 2011/10/08(土) 00:52:11.87 ID:Euu/6Q3w


20.jpg



27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:55:08.54 ID:EK1Z7wbR


>>20
とりなしてくだせ!



297 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 17:06:06.34 ID:+Ee7UDTb


>>20
時々他スレでみかけた奴か、元ネタ初めて知って感激だw



24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:53:47.18 ID:nPlL7yX2


><暗黒神話>は日本繩文時代の新石器説話をモチーブにし
>た幻想SFマンガだ。

本当にストーリー分かってるのかどうか、不安になってくるな。



28 :ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc 2011/10/08(土) 00:57:01.54 ID:x1deugLU BE:779054786-2BP(1700)


28.jpg

これだけ見るとただのアホマンガ家にしか思えない。



38 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:02:02.14 ID:bb3c9n3z


>>28
それは読んでないけど、近年の「稗田礼二郎」ものは世界中の神話や説話を
「生命の木」信仰に結びつけるストーリーになってる。
・・・どうも友人でライバルである星野宣之の影響っぽい。



55 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:07:05.49 ID:vMXFveML


>>28
しゅっわ来ませぇりーっって歌が日本語だったのに
大人になってから気が付いたのを思い出した



29 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 00:57:40.60 ID:iOF+lw5n


紅孩児かっこよかったな
大唐編が終わってからちょっと物足りない感じ



31 :ドラゴンランス ◆sWtt3TqIbU 2011/10/08(土) 00:58:49.32 ID:f3Tu1V5n


暗黒神話とか読んで
朝鮮半島と日本の繋がりを
必死で探そうとするんだろうな



34 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:00:21.47 ID:xDtsJVUo


諸星大二郎は数少ない、何を読んでも面白い漫画家なのに


36 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:01:28.99 ID:LLu4RZ+e


暗黒神話はヤマトタケル神話を知らんとダメじゃん・・・


41 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:02:39.51 ID:6MZF1eIb


子供の頃、入院中に読んで夜中にトイレ行くのが怖かったなあ
消灯後の廊下が長くて……



42 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:03:07.19 ID:jndVADU/


小学校の時に病院の待合所で読んだのが最初だった。
日航機墜落事故と絡めた花さか爺の話な。



51 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:06:10.98 ID:hPqg8B6U


そろそろ鉄腕アトムが日本製だと分かるようになったのか?


53 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:06:39.21 ID:c7JpdmAU


海神記なんては韓国人にとって気分のいい漫画なのかもしれないな
古代日本人より百済の将軍のほうが一枚も二枚も上手だし



57 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:07:21.10 ID:H5nmU+PO


広く読まれるのは良いことだ
「西遊妖猿伝」は中国の漫画読みの間でも好評らしいね



78 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:15:08.77 ID:u0DYC0rh


小学生の頃読んだ、ヒルコが今でもトラウマになっている。


85 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2011/10/08(土) 01:17:08.55 ID:Yz7o1zg5


日本のマンガの多様性を知ってもらうには最高の作家だな
この多様性をなんとか維持してもらいたいけど
「暗黒神話」「孔子暗黒伝」は現在のジャンプでは門前払いだろうな





ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://booksokuho.blog.fc2.com/tb.php/379-8c4529cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

検索フォーム

 

RSSリンクの表示

 

おすすめサイト

 

アンテナサイト

 

QRコード

QR
 

おすすめ商品

 

カウンター

 

アクセスランキング

 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。